医療の資格があるかかりつけの小児科

産婦人科医から、医療の資格がある小児科をかかりつけ医院にしろといわれた。近くに信頼できる小児科をみつけました。

医療の資格があるかかりつけの小児科
医療の資格があるかかりつけの小児科

医療の資格があるかかりつけの小児科

私には5才になる双子の息子がいます。一卵性双生児で、生まれる前から産婦人科医に、二人とも大きくて2500グラムしかなく、感染症などもかかりやすくなるから、医療の資格がある小児科をみつけておきなさいと言われました。それでも、1000グラムいかない未熟児の赤ちゃんが、鼻に管をとおしてもなお、一生懸命生きている姿を見ると、2000グラムあるだけでありがたいと思いました。2ヶ月の間、早産しないように点滴をうけ続け、2100グラムと2400グラムの赤ちゃんが生まれました。双子の赤ちゃんは病院の小児科の部長先生が担当になっていただき、退院前にいろいろ相談をしました。
産んだ病院の小児科をかかりつけにしたいと言うと、病院の経営方針で、1ヶ月検診は、今から予約してすぐ診察できるが、1か月以降は初診扱いになりかなり待たされ、しかも個人医院の紹介状がないと3千円!(診察代以外に)支払わないといけないとの事。子供の病気は一刻を争うかもいれないのに、そんなことやってられません。退院後、小児科をインターネットで検索しました。当時はご近所さんにママ友がいなかったので、自力で探すしか方法がありませんでした。幸い、近くに小児科が2つありました。場所だけ把握して子供に何かあれば、どちらかに行こうと思っていました。
子供が5ヶ月になると、夜中48度近い熱がでて、呼吸も苦しそうになり、翌朝電話がつながった近くの小児科に行きました。ところが、ただの風邪だろうとすぐ返されました。3日たってもまだ苦しそうなので、もうひとつの近くの小児科に連れて行きました。すぐに鼻水で検査をしたところ、RSウイルスでした。まだ赤ちゃんなので、強い薬も飲めないが、胸に貼る貼り薬と粉薬を処方されました。するとだんだん呼吸が楽そうになりました。3日ごとに、その小児科に来るように言われ、通院しましたが丁寧に診察してもらい、とても安心しました。最初に行った小児科の先生はちゃんと医師の資格があるのか疑問です。

PR情報